大阪 メンズエステ エステメイプル 巨乳

巨乳ネタ

大阪 メンズエステ エステメイプル 巨乳

なか

ダイエットには、さまざまな方法があります。食事制限や運動など、栄養補助食品など方法をあげれば、きりがありません。男性がダイエットを成功させるためには、どのメンズダイエット法がよいのでしょうか。 また、女性と男性では、アプローチが異なります。

前作も購入・レビュー済みです。エステなのに感じて勃起してしまう敏感主人公を、仕方なく抜いてあげる──という体裁で甘くいじめ抜いてくれる天国のようなお店が帰ってきました。新人研修のお相手という名目で、店長の楓さんと新人の茉莉ちゃんに二人がかりで施術を受ける最初のプレイ。前作で早漏マゾに完全に調教されている主人公は、新人さんの前でも簡単に喘ぎ悶え射精寸前になってしまいます。「こんなに感じやすい人初めて見た」「どうされたいの?」「ここはエステのお店なのに」と、感情に乏しい声色の中に、確かな興奮と嗜虐の色を滲ませながら、茉莉ちゃんが言葉でマゾ性感を煽ってくれます。プレイ前は新人メインだと責めが物足りないのでは…と少し心配だったのですが、杞憂でした。この茉莉ちゃん、楓さんのアシストもあって、最初のプレイから相手を煽り、屈服させおねだりさせる悦びに目覚めてくれます。ちょろすぎる主人公が悦ぶように嘲笑し、辱めながら絶頂を許してくれる、新たな性感エステティシャンとしてすぐにひとり立ちしてくれますのでご安心を。甘くとろかせるような楓さんの敬語責めと好対照な、淡々とした言葉遣いながらも主人公の粗相を許し、時に痴態を晒せと命令してくれるその施術には、お客様を喜ばせたい思いと、隠しきれない嗜虐の悦びが「イけっ」や「射精しろ♪」という罵倒のセリフとなってあらわれます。CVの涼花みなせさんの抑えた演技が、マゾの痴態を可愛いと思い、もっと乱れる様を見たい、とのめり込んでいく心情をしっかりと表現してくれていました。施術以外の会話では主人公への好意が隠せてないのも可愛い。前作の良い点はそのまま、今回も羞恥シチュたっぷり。甘い敬語責めに優しい罵倒責めが加わりました。本番はありませんが、シチュエーションとセリフで責めてもらいたいソフトマゾな方へ、今作も全力で推せる作品です。

完全個室によるマンション型エステ。オールハンドによるオイルマッサージ洗練されたセラピストの極上のおもてなし…最高の癒しを提供させて頂きます。

「ダンディハウス」は、1986年に営業を開始した日本で最初の
男性専用エステティックサロンです。
高い技術力と確かな指導法で、メンズエステを日本中に広めてきました。
健康的で美しく、積極的な人生を歩んでいただくためにダンディハウスではプロのエステティシャンが全力で
一人ひとりのお客様をサポートしていきます。

「美」をつくりだすために追求してきた、技術、理論、機器、化粧品、洗練された快適なサロン、そしておもてなしの心。そのひとつひとつを磨き、つみかさね、すべてをお客様へ提供することで、私たちのエステは高い評価と信頼を得てきました。この品質が、私たちの特別なサービス、「ファイブスタークオリティ」なのです。

本作は『メンズエステ『Maple』~特濃性感マッサージ、はじめました~』の続編です。
エロメンズエステものとして傑作といえる作品だったため続編が出たことが非常に嬉しいです、定番シリーズ化して欲しいですね。内容は完全女性上位の逆転なし本番なし苦痛系プレイなしのソフトマゾ向けで、明確な好意を下敷きに快楽と羞恥をこれでもかと注がれます。
主人公は前作ヒロインの“楓さん”に心身共にマゾ堕ちさせてもらっているので、最初からフルスロットルでマゾいじめエステが始まります。
本作はメインヒロインがクーデレ爆乳メイドの“末莉さん”となり、楓さんはサブヒロイン的な位置付けになります。
茉莉さんが新人なためOJT的な3Pプレイが展開され、茉莉さんにマゾ性癖を告白させられるプレイは上手いなあと感心しました。
やや残念な点として、前作で楓さんに惚れ込んだ身としてはまた彼女の単独シーンが欲しかったなあと少し寂しい部分もあるので、気が早いですがそこは続編に期待したいです。具体的なエロ描写について、まず音声作品のノリをそのまま持ち込んだかのようなねちっこい言葉責めが本当に心地いいです。
個人的な性癖になりますが射精を“おもらし”扱いしてくれる言葉責めが多いことが非常に好きな点です、早漏を喜んでくれるのも最高。
この期に及んで「うちはエッチなお店じゃない」系の言葉責めを忘れないのもニクいです。
主人公がノリノリで喘ぐのも素晴らしいですね、マゾ向けにおいて大事なポイントだと思います。
ヒロインたちが主人公に強い好意を、そしてその痴態に強い興奮を抱いてるのをしっかり描写してくれるのも、安心して被虐に酔えるため有難いです。
高岡さんの妙技ですね。
加えてバングローさんの汁気、艶、肉感が素晴らしいCGによりスッとシチュに感情移入することができます。愛されいじめられ肯定されたいマゾの皆さん、オススメです。

前作の続編で、ねっとりと濃厚な快楽にとろけてしまうのは変わらず、至高の出来でした。シナリオ担当の高岡智空さんは、エステものの作品を複数発表しており、甘くねっとりとした描写が素晴らしいです。そこに、イラストのバングローさん、声優の涼花さん、分倍河原さんと、最強の布陣。どれか一つの要素でも好きな方にはたまらないと思います。痛みを伴う描写やプレイはなく、m要素はソフトですが、言葉責めがとにかく秀逸です。分倍河原さん演じる楓さんの優しく、丁寧な隠語の破壊力は抜群、一方で淡々と事務的に責めてくる涼花さん演じるダウナー系メイドさんは、羞恥心を別の角度で煽ってくるので、ギャップもすごく、響きました。
二人のキャラもこちらに好意的な点もプラスでした。前作が好きな方なら迷わず購入をお勧めします。
まだ未プレイの方にも。前作と合わせてお楽しみ頂くことをお勧めします。全ての要素がストライクな自分にとって正に至高の作品でした。
是非、シリーズ化して欲しいです。

厳選されたセラピストが高級アロマオイルを使った全身トリートメントで癒しをお届け致します。

ダンディハウスはJEO(日本エステティック機構)エステティックサロン認証*を取得しています。

した

コメント

タイトルとURLをコピーしました